株式投資をするときには、情報をたくさん知っている人が有利になります。
そのことが最もよくわかりのがNISAの情報です。
ニュースや広告で流れていることもあり、名前は知っているけれど具体的な内容を知らない人もいるはずです。
いまから 株式投資をはじめようと考えている人では、NISAを知っているか知らないかで年間の利益が大きくかわってくるはずです。
その理由は、NISAで運用された投資資金には税金がかからないからです。
政府が考えたシステムで、投資活動を広くすすめるための制度になっています。
年間でつかえる投資金額は制限されていますが、その範囲内で得た利益には課税されないシステムです。
同じ利益をだしたひとでもNISAを使っているか使っていないかで、年間の利益には大きな違いがでてくるのです。
NISAを使うひとは、お金を持っている人ばかりだと考える人も多いようです。
投資活動は、インターネットの発達によって一般の人でも行えるものになっています。
主婦でも大学生でもフリーターでも投資活動を行っている人が多いです。
そして、投資活動をするうえで、節税は誰もが考えることです。
NISAを活用しているのはケチだからではなく、投資活動をするうえで当たり前のことを行っているのです。
さらにNISAは小額非課税システムなので、投資活動をしたことがない人ほど活用してほしいシステムになっています。
対応している証券会社は複数あるので、投資手法や運用する金融商品によって会社を選ぶと良いでしょう。
本格的に活動をはじめようと考えている人は、投資活動をするうえで知っておいたほうがいい基礎的な知識を勉強しましょう。
情報はもっていない人よりももっているひとが有利になるからです。

記事一覧
株式のグラフ

NISAは昨年からできた少額投資の非課税制度です。 現在は年に100万円までの取引についてその配当金...

2014年からNISAという制度が開始されました。 本来であれば、株式投資や投資信託などで得た利益に...

日本では利用者数が多いSNSサービスを提供する会社は、株式会社として経営しています。上場している株式...

2014年から少額投資非課税制度、通称NISAが導入されました。 これは株式や投資信託における売却益...

NISAは、100万円までの投資であれば最長で5年間は利益に対して税金がかけられません。 よってNI...