• ホーム
  • 資本政策の為に作られたNISAの活用なら野村證券

資本政策の為に作られたNISAの活用なら野村證券

グラフ

企業にとって、資金調達は非常に重要な課題になっています。
株式を発行することで、機関投資家や個人投資家から資金を調達することができます。
上場する前の企業やベンチャー企業にとって、このシステムは非常に重要なポイントになってきます。
また、上場をした企業でも資金を調達するときには株式を発行して、効率的に資金集めをするのです。
最近では、個人投資家の人たちも増えてきて、投資活動に興味を持ち始める人が多いです。
投資活動をして、一定の利益を出すと税金の支払い義務が発生します。
さらに税金の支払いも考慮したシステムがあります。
それが、NISAと呼ばれるものです。
一定の金額までなら、非課税で株式投資が行えるシステムのことです。
NISAの口座を開設できる証券会社はいくつかありますが、野村證券を活用するといいでしょう。
野村證券は知名度も高く、NISAを扱っているので、安心して資金運用ができます。
すでに証券会社に口座を持っている人が、NISAを利用するときには、新しく口座開設が必要になってきます。
また、NISAには年間で使える金額が決まっている点に注意しましょう。
あくまでも小額取引を行う人が対象になっているので、株の初心者の敷居を下げる効果があります。
株式投資に参入する人が増えることで、資本政策につながっているのです。
野村證券でNISAの口座を使って、株式投資をする人が増えれば、それだけ企業が資金調達できる確率があがってくるのです。
この点において、資本政策と呼ばれています。
企業が円滑に資金調達をするめることができれば国内の産業が発展していきます。
国内の産業が発展すれば、消費者や雇用されているひとにとっても恩恵があります。
資本政策の一環として行われているを活用して、投資活動をはじめてみましょう。

関連記事