• ホーム
  • NISAでのDGM森精機株価と権利確定日の27日

NISAでのDGM森精機株価と権利確定日の27日

自信を持っているビジネスマン

NISAは少額非課税制度として多くの人が利用している制度です。
売却したことによって得られる譲渡益や、配当所得が非課税になります。
投資において税金は重要なものの一つだといえるでしょう。
一般的な口座であれば、税率が20%となりますから、たとえば100万円の利益が出れば20万円の税金を納めなければなりません。
しかし、NISAの口座で取引をしていれば、非課税になるわけです。
例えば、DGM森精機株価は現在1800円くらいです。
仮に1800円で1000株買ったとしましょう。
100株が最低単位ですから、最も少ない金額で買おうと思えば180万円になります。
その後、株価が上昇してDGM森精機株価が2000円をつけたとすると、このときの資産価値は200万円になりますから、この段階で売却すると20万円の譲渡益が発生します。
通常の口座なら20%の税率ですから、4万円の税金を支払うことになります。
NISAの口座であれば非課税ですから、この4万円を支払う必要はないのです。
ところで、DGM森精機株価を見ていると、27日前後に株価が安くなっているように感じることがあるかも知れません。
これは何かというと、権利落ち日です。
配当金を受け取ることの出来る日が権利確定日と呼ばれていますが、この日を過ぎると権利がなくなり、理論的に言えば配当金に相当する金額だけ株価が下落する傾向があるのです。
権利確定日は月によって異なりますから注意が必要です。
それが27日前後になることが多く、そのために27日のあたりで株価が下落しやすい傾向があるのです。
逆に言えばこのときには株価が下落しやすいのですから、初心者にとっては投資のチャンスだとも考えられます。

関連記事