• ホーム
  • NISA申込は添付書類が必要・山形銀行の今後に注目

NISA申込は添付書類が必要・山形銀行の今後に注目

握手する人たち

NISA口座の申込書(届出書)には、添付書類として住民票が必要ですが、ただ申込書を書くだけではなく添付書類が要るのには大きく分けて2つの理由があります。
まず一つはNISAは1人1口座ということです。
それを確認するために住民票が必要なのです。
もう一つは、申し込みを受けた銀行、証券会社が税務署から非課税適用確認書という書類を得なくてはならないことです。
その住所の確認にも必要です。
なので口座を申し込みに行く事前に住民票をとっておくといいです。
なお、NISAというのは適用になる基準日が設定されていますから、転居を経験した人はまた別の添付書類が必要かもしれませんから注意が必要です。
銀行で自身も上場企業の場合は、その銀行自体の株が買えるわけですが、山形銀行もその一つです。
山形銀行に限らず、現在どこの銀行も貸出金の利回りの低下に心痛しています。
貸出金の金利を上げられればよいのですが地元企業が相手でそうもいきませんし、その分営業経費などを経費削減しようにも、山形銀行のような地方銀行は大きく削減する部分も考えられません。
また、ネット口座などの事業も、もともと銀行業ではなかった流通会社や大手コンビニなどが参入してきていまして、その全国チェーンぶりを生かして範囲を広げています。
なので山形銀行のような地方の銀行では、全国各地の他銀行との提携が重要になります。
また、山形銀行では海外の金融機関とも関係を築き始めています。
投資する際は、提携の情報に注意するのが不可欠です。
また山形銀行では、製造業や食料ビジネスなど地元の新産業の育成や、後継者に悩む県内の中小企業の継承相談、MアンドAなどにも事業を拡げています。
もともと県内で堅実に経営してきた銀行ですので、今後の動向に注目が大切です。

関連記事